webサービスのサーバ選び

webサービスを作った時のレンタルサーバやVPS、クラウドサーバ選びのコツを書いています

さくらインターネットのVPSでサイトを作った話

フッキ, · カテゴリー: vps

高校生の頃、趣味で撮った写真や自分で描いたイラストのホームページを作ったことがあります。
レンタルサーバーはLolipopです。

ホームページ作成に関しての知識がないまま、一からパソコンに詳しい友人に協力してもらっていながら作っていました。

当時よく流行ったホームページビルダーを使用し、初心者モードから作り始め、慣れたらHTMLモードに挑戦し、という感じでした。
作り始めた頃は初心者感丸出しのひどいホームページだったと思います。また、画像をたくさん掲載したサイトだった為、ホームページを見に来てくれた方には、よく「サイトが重い」というコメントをもらいました。

友人にアドバイスを受けたり、ネットで検索しながら画像を軽くしました。

HTMLの本を買って、覚えたてのHTMLを使いたくて仕方がなかった思い出があります。
父がIT系の仕事で、幼い頃から父のお下がりのパソコンでよく遊んでいた為か、本を読んでもそんなに難しくは感じませんでした。

とにかく、見た目はシンプルだけど手が込んだサイトにしたい!と思っていたので、HTMLを覚えることでそれは少しずつ解決していきました。毎日ホームページに関する勉強をしていたので、そのうち友人への相談なしで大体のことは一人でできるようになりました。

かっこいいデザインのカウンターを選んで設置し、無事にカウントされて何だか嬉しかったです。
アクセス解析もできるようにし、訪問者数が目に見えて分かるようになりました。
掲示板もあったのですがなんだかんだ毎日やりとりに忙しく、ある人気ランキングサイトでも上位にランクインされるようになりました。

私は一つの事にのめり込むことはあまりないのですが、ホームページ制作は本当にハマりました。
そのため普通のレンタルサーバでは物足りず、VPSサーバに手を出すことにしたのです。
VPSはさくらインターネットのVPSにしました。
このアダルトVPS比較サイトで探して選びました。

ただVPSサーバはとても難しく思うようにホームページを作ることが出来ませんでした。
そのごAWSやGoogleAppsにも手を出しましたが、同じく難しすぎて撤退を余儀なくされました。

何だかんだで3年程続け、高校卒業と同時に仕事が忙しくなったので、閉鎖しました。
すごく勉強になったし良い趣味だったなと思います。

また機会があればもっとプロっぽいホームページを作ってみたいなと思っています。

WEBサービス用のサーバはAmazonEC2が最高だった

フッキ, · カテゴリー: クラウド

富山県でフリーのWEBエンジニアとして活躍する20代男性のオススメサーバ情報

・Webサイト概要
かなり昔ですが、某サッカーゲームに関するWebサイトを作りました。すべて手書きでチマチマとHTMLやCSSを作成するのは面倒でしたので、ツールとしてIBM提供の「ホームページビルダー」を使用しつつ、細かなところは修正するという方法で作りました。最終的なアクセス数は120万程度だったと記憶しています。

・レンタルサーバー
レンタルサーバーはCOOL ONLINEを使用。ファイル転送には、お馴染みだった「FFFTP」を使っていました。このサービスは2011年6月末を以てサービス終了してしまったので、Webサイトも消滅してしまいました(かなり経ってから知りました…)
そのため移転先のサーバを探していたのですが、ちょうどクラウドサーバが流行り出した頃で、AmazonEC2にしようと決めました。
評判が良かったのと、何よりも1年間の無料期間があるのが一番の魅力でした。

・コンテンツに関して
コンテンツとしては、そのゲームの特徴としてチーム名、ユニフォーム、選手名など色々とプレイヤーがエディットできる要素がありましたので、それらのエディット内容を公開するページ、オンライン対戦でカップ戦を行っていたのでその対戦表および結果、あとは自由に書き込み可能な掲示板と非常にシンプルな内容でした。掲示板は通常運用できていましたが、いわゆる荒らしの書き込みもあったので、それらをその都度削除していくのは面倒でしたね。

・HTMLに関して
HTMLそのものは大して難しさはないです。ただ、デザイン部分をスタイルシートに切り離す方法を使っていなかったので、コードはかなり見づらいものになっていたと思います。やはり、きちんとHTMLファイルとCSSファイルに分けておくべきだったと今は思います。

・その他
運用上のトラブルといえるのは、先述した掲示板の荒らし位なもので、他は何事もなく運用できていたように思います。なので、それほど苦労もなく、楽しく運用していたという印象が強いです。
それはAmazonEC2という安定性の非常に高いサーバを借りれたのが大きな要因だと思っています。
AmazonEC2おススメです。

プロバイダが運営している有料サーバーがオススメ

フッキ, · カテゴリー: レンタルサーバ

広島市の小売業者(書籍・CD)で正社員として働く30代女性のオススメサーバ情報

私が最初にHPを作ったのは、今から10年ほど前でした。

短大の頃にインターネットが普及し始めたので、ネットの仕組みについて学ぶ授業が始まり、そこでプロバイダ、メールの仕組み、ファイルのアップロードやダウンロードの仕方、HTMLのタグについてなど、基本中の基本を教わったので、HPを作る事自体はそう難しくは無かったです。それでもタグや使いたい色のコードが分からなかったりしたので、HPの作り方の本が必要でした。今別のHPを運営していますが、この時にもお世話になりました。

作ったのは、漫画の二次創作小説のサイトです。さすがに無料レンタルサーバーについては教わらなかったので、容量の多さ、アップロードの簡単さ、無料広告の邪魔にならなさ、規約などを検討した結果「AAA!CAFE」にしました。(このサーバーは2011年に閉鎖したそうです)
困ったのが、アダルト要素のない普通のHPなのに、18禁広告が表示される事が増えた事でした。何度も非表示に設定し直しているのにも関わらずです。幸い苦情が来る事はありませんでしたが、女性の方が多く訪れるHPだったので気になっていました。

あと、時々来られる未成年の方がいて、どうしても年齢制限を設けているページ(年齢制限がある事を記載し、パスワードを設けていました)に入りたいらしく、何度もパスワードを教えてくれと頼まれた事がありました。お断りしたらもう来られなくなったのですが、判断は間違ってはいなかったと思います。

さらにHPのパスワードを忘れてしまい、再設定の為メールを送ったのに返信が無く、更新が不可能になってしまいました。これを機に無料サーバーをやめ、契約しているプロバイダが運営している有料サーバー(プロバイダ契約者は無料)に切り替えました。

忍者ホームページかFC2ホームページがオススメ

フッキ, · カテゴリー: レンタルサーバ

IT会社でアルバイトをする20代女性のオススメサーバ情報

私は複数のWEBサービスを立ち上げてきました。

1つ目はイラストを描くのが趣味だったので、それを載せるために、2つ目は、大学のプロジェクトの一環で作成しました。

1つ目は忍者ホームページ、2つ目はFC2ホームページでした。

1つ目を作る際は、専門知識もなくインターネットで調べてだったので、フレーム分けが特に意味がわからないってなりました。
そもそも、何のページが必要なのかもよくわかってなかったです。
忍者ツールは特に、作成したものをアップロードするのに専用のソフトが必要だったのでそれも面倒くさいなと思ってました。

2つ目は、CSSを少し勉強したので、HPを作ること自体はそんなに苦ではなかったです。
でも、そのCSSが厄介でした。
HTMLとは少しずつ記述の仕方が違っていてややこしかったです。
基本的にコピーアンドペーストなので、自分で記述していても改めてみたときに、何について記述しているのかわからなかったりしました。
特にCSSはHTMLと違って、どの順番で記述しても反映してくれるので、どのあたりに自分が何を記述したのかCSS内に書いていないと本当に困りました。
自分では説明されているとおりに記述しているはずなのに、編集しているページに反映されていないときはストレスがたまりました。
アップロード一括で10個くらいまでしかできなかったので、画像データをアップロードするときはなかなか終わらないなと思ってました。
アップロードしてからも画像がリンクされてなかったりして、そのページの記述を見直しました。

共通で苦労したことが、フリー素材を探すことです。
探せばたくさん出てくるのですが、それぞれ作成者によって利用規約が異なっています。

いろんなサイトの素材を自分のパソコンに保存するのですが、一括で同じフォルダでないとサーバにアップロードした際に面倒くさいので、候補も含めて同じフォルダにに保存するのですが、自分がどのサイトからひっぱてきたのかを忘れて、ブックマークしておいた複数のサイトからを見つけて規約を確認して、というのが地味でしたがものすごく手間でした。